尼リン☆ダイアリー

2019年10月31日

104リン目 重点地区を選定して取組を実施しています!(尼崎市公式ホームページ内生活安全課ブログの再掲)

 本市では、人身事故件数の約4割を占める自転車関連事故を減少させることが課題です。

 

 そのため、今年度より地理情報システムを活用し、市立41小学校区で事故多発地域を絞り込んだところ、「竹谷小学校区」で自転車関連事故が多発していることから、当該地域を重点地区として選定し、事故の傾向や地理的特徴に即した取組を実施しています。

 

 取組内容としては、自転車関連事故多発交差点における自転車適正利用指導や、当該地域における公用車による交通安全パトロール、地域住民及び商店街への啓発チラシの配布などです。啓発チラシには、実際の自転車関連事故発生場所が一目で分かる事故マップを載せています。

 

 このような取組を通じて、様々な世代の方に対し、身近な場所で自転車関連事故が起きていることを知ってもらい、自転車利用時に安全運転を心がけてもらうことが事故防止につながると考えています。

 

 自転車利用者の方は、車道の左側を通行し、一時停止の標識を守り、左右の安全確認を徹底してください。

 

啓発チラシ(2215KB)