尼リン☆ダイアリー

2019年11月21日

106リン目 重点地区を選定して取組を実施しています!(その2)(尼崎市公式ホームページ内生活安全課ブログの再掲)

 令和元年の自転車関連事故対策の重点地区に選定している「竹谷小学校区」の自転車関連事故多発交差点において、当該交差点を通行する自転車利用者の動向調査を行いました。
 調査結果は次のとおりです。

【調査日】令和元年6月6日~6月24日

 (1) 一時停止及び徐行をしなかった自転車利用者の割合
    1. 一時停止線側        79%
    2. 一時停止線の反対側     86%
      (非優先道路)

 (2) 左側通行をしていなかった自転車利用者の割合
    1. 一時停止線側        38%
    2. 一時停止線の反対側     43%

 当該交差点において、「止まれ」があるにもかかわらず、一時停止及び徐行しなかった人が8割以上、車道の中央や右側通行(逆走)をしていた人が約4割にものぼりました。

 

 事故の大半は「出会い頭の事故」です。自転車も「止まれ」のある交差点では自転車も必ず止まりましょう。
 また、「車道の左側通行」は交通ルールです。車道の逆走は違反ですので、必ず車道の左側を走りましょう。

 交通ルールを守っていれば、防げた事故がたくさんあります。事故の被害者にも加害者にもならないために、一人ひとりが交通ルール・マナーをしっかり守りましょう。

 

自転車利用者動向調査箇所 (PDF 816.1KB)
自転車利用者動向調査結果 (PDF 417.9KB)