グッと!尼っ子リンリンサポーター

団体名:武庫之荘水と緑のまちづくりプロジェクト実行委員会

活動の報告

 

<贈呈式>

毎月第二水曜日早朝に実施している駅前啓発活動の場にて、開始前の集合式にて、北口ロータリーのシンボル「希望の像」を背景に実施。


日時:平成31年3月13日(水)午前7時45分から
場所:阪急武庫之荘駅 北口駅前ロータリー内にて
参加者:地域住民の皆様と、尼崎信用金庫武庫之荘支店、池田泉州銀行武庫之荘支店、みなと銀行武庫之荘支店、尼崎シルバー人材センター等の皆様

 

サポーター活動について

活動の内容:自転車の放置・盗難・事故といった課題をゼロにすべく啓発運動を駅周辺事業者の協力を得て展開中

活動の目標:水と緑の輝く自転車の利用しやすい武庫之荘を目指して

リンク先:https://ja-jp.facebook.com/mizu.mukonoso/

 

サポーターへのインタビュー

【水と緑の輝く自転車の利用しやすいまち・武庫之荘をめざして】
当団体は、地域の賑わいづくりとブランドアップを目指し、阪急武庫之荘駅周辺の水路保全や緑化活動、環境改善に取り組んでいます。
多くの方が利用する阪急武庫之荘駅前は、通勤・通学時間帯を中心に、非常に多くの自転車・歩行者・自動車が行き交っています。しかし、かつては、南北の駅前広場の放置自転車状況は酷く、長年の大きな懸案課題でした。
平成25年度には、南北合算で1,500台の放置自転車が溢れ、放置自転車の多い駅・全国調査ワースト15位の不名誉な状況でした。しかし、平成26年11月に大々的な「アンケート調査」を実施、平成27年4月に市長宛に「提言書」を提出し、「自転車フォーラム」を開催するなどの関係機関と連携した取組が成功し、現在、駅前の放置自転車台数は著しく改善されています。
しかしながら、駅周辺の放置自転車台数がゼロになった訳ではなく、また一時駐輪利用者用の駐輪施設不足が課題になっています。当団体では、放置自転車ゼロ、自転車事故・盗難の減少による自転車の利用しやすいまち・武庫之荘をめざし、様々な取組を続けています。

 

【地域の皆様と共に啓発活動を】
自転車の放置・盗難・事故といった課題をゼロにすべく、駅周辺事業者の協力を得て啓発運動を展開しています。月例活動として、毎月第2水曜日朝に、阪急武庫之荘駅前において、「自転車事故・盗難・放置ゼロ運動」等、様々な種類のチラシ入りティッシュを配布して啓発活動を実施しています。活動には、地域住民の皆様、尼崎信用金庫武庫之荘支店、池田泉州銀行武庫之荘支店、みなと銀行武庫之荘支店、三井住友銀行武庫之荘支店、尼崎シルバー人材センター等の皆様にも参加していただいています。継続した根気強い活動が、課題解決につながると考えています。なお、毎月第4水曜日朝には駅前ロータリーの草刈り活動を、毎月第2土曜日朝には水路清掃を、月例活動として長年実施しています。何れも自由参加ですので、皆様の参加大歓迎です。

     月例啓発活動の様子


【「Alar-mmy.」による自転車盗難撃退作戦!!】
平成29年度には、尼崎市が社会実験を通じて、振動を感知すると警報が鳴るアラーム付きダミー自転車「Alar-mmy.(アラーミー)」が、自転車盗難発生件数の減少に大きな効果をあげるのを知った当団体は、「Alar-mmy.」を用いた自転車盗難防止策について、尼崎市と地域との共同作戦について協力を打診しました。
そして、平成30年5月30日、尼崎市から「Alar-mmy.」2台の貸与を受け、それを用いた自転車盗難撃退作戦を、阪急武庫之荘駅周辺の店舗・事業者の支援の下、6か月間に渡り、尼崎市駐輪マナー指導員の協力を得て展示会場を移転しながら、「そのちょい借り、犯罪です!」の横断幕設置も行い、盗難件数の減少を図る大々的なキャンペーン展開を行いました。今後も、自転車盗難のさらなる抑止を図っていきます。

  「Alar-mmy.」キャンペーンの様子

 

【自転車の利用しやすいまち武庫之荘と駅前ロータリー祭り】
自転車の利用しやすい武庫之荘をテーマに、平成24年11月の初回以来毎年、「阪急武庫之荘駅前ロータリー祭り」を開催しています。
平成30年11月25日に開催された「第7回・駅前ロータリー祭り」では、恒例の県警音楽隊を始め中高生の吹奏楽部による演奏やパレード、グルメ店やフリーマーケット、白バイで記念撮影等、若い家族連れにも多くご参加いただき大盛況でした。今回は、地元中学生ボランティアと一緒に、地元伝説の富松の鬼・茨木童子(装束)が、会場内で共同啓発活動を実施しました。今後とも、地元住民の絆づくりは無論、地元の歴史遺産や伝説文化も大切に次世代に継承しながら、継続開催に取組む意向です。

     ロータリー祭りの様子          地元伝説の富松の鬼・茨木童子

 

【自転車の利用しやすい武庫之荘から尼崎へ】
平成29年3月に制定された「尼崎市自転車のまちづくり推進条例」においても、「自転車の利用を課題から魅力へと転換させることに取り組み、私たちのまち尼崎を、自転車の利用において、安全で快適なまち、楽しめるまち、愛されるまちにする」と述べられています。
当団体では、同条例が制定される以前から、自転車の課題解決による自転車の利用しやすいまち武庫之荘をめざして、地域における取組を行ってきました。一人ひとりが意識と行動を変えることが課題解決につながり、ひいてはまちのブランド力向上につながります。これからも、地域コミュニケーションの再生と駅前の水と緑の輝く環境保全と賑わいのあるまちづくりを目指し、地域に根差した活動を、次世代に繋がる取組を、行政とも連携し進めていきたいと考えています。

      取材当日の様子

一覧を見る